何でもとにかく楽しんだもん勝ちっ!


by kyokos1219

私には向いてない。

あのー、今日はね、きょうちゃんのお誘いで、梅田の某クラブのハロウィンパーティーに行ったんですね。

実は二人ともクラブってのが初めてで、おまけに昼からというわけで、
まあ、まったりと落ち着いた感じの、人も少なめで、ゆっくりできるかなーと、
ついでに、クラブってどんな感じかじっくり観察できるねーってノリで行った訳ですわ。


もうさんざん、そのあと二人でネタにしたので、言っちゃいますが。


「バブルの頃って、みんなこんな感じだったんだろうなー。」というのが素直な感想。


しょっぱなから、「マイアヒー♪」ですか。ああ、そうですか。
ダンスフロアの人、踊るんだったらもっと踊ろうよ。ってか人が多すぎるよ。
みんな男の人が長髪だよ、なんか眉毛が細いよ。
女の人はみんな巻き髪だよ、ノースリーブだよ。こっちはニットのセーターだよ。暑いよ。
そんな私達もなぜか男の子から声かけられたよ。関西の医大生が主催のパーティーだったらしいよ。
なもんだから、「俺医大~」とか言われたよ、19歳の子に。「あ、そうなん」って流してしまったよ(興味なし)、
そんな私は今年で24だよ。おしゃべりしたくても音楽がうるさくて話せないよ。
で、このほかに大勢いる人たちはなにしてるん??お酒片手に突っ立って喋ってるだけ??
非日常気分を味わって満足しているのかしらん??ミラーボールがめいっぱいの光を反射して、
フロアのなかに噴水があってって・・・道頓堀のほうが非日常度は高いと思うんですけどね。
そんななかで、プラスチックのコップに入ったお酒を飲むために、次々と財布を出して、
現金をバーテンダーに渡していって、そのプラスチックのコップに入ったお酒を嬉しそうに飲む。
この一連の流れを見て、「ああ、バブルっぽい」と思った。きっと似非バブルだけど。プラスチックのコップだし。




ああ、何度、「伊勢崎町ブルース」を流してほしいと思ったことか。
そしたら、私は踊るのに。ああ、ここに行ってみたい。


結論としては、クラブがどういうものなのか、クラブにやって来る人たちの特徴などを観察する
という意味ではとっても楽しめるものでした。



さっさと退散したあとのタリーズのコーヒーのおいしかったこと♪
人通りが少なくて、広々とした御堂筋を「恋人も濡れる街角(中村雅俊)」を口ずさみながら家路についたのでした。
そろそろ紅葉の季節ですね。
ああ、今日はとっても皮肉った感じになってしまったよっ(>_<)
[PR]
by kyokos1219 | 2005-10-30 22:23