何でもとにかく楽しんだもん勝ちっ!


by kyokos1219

interactive communication

もう、超、超(以下エンドレスに続く)衝撃的でした。

(以下、ほろ酔いのため、誤記あるかも。許して。)



とりあえず、これやってみてください。
(超有名だから知ってる人いっぱいいるかも)



今日の大岩直人さんの講義。


インタラクティブ広告についての講義だったんですけど。(インタラクティブ:相互に作用する)

ああ、広告の伝え方でも、私がやりたいのはこういうアプローチなんだっていう、
それに気づかされた、という意味で衝撃的でした。

私は、初めから課題に取り組むときに、評価される、されないはともかくとして、
この姿勢は、貫こうときめていることがあります。


それは、「広告を見る側の、何かしらの行動を誘うこと」なのです。


「広告を一方的に発信するのではなく、広告を見る側の何かしらの行動を起こすもので、かつ見る側も楽しめて、
それが口コミなんかで広がって、その結果、商品にさわってもらって、売りにつながれば一番いいな」というのが
私の中での理想の広告像なんです。
(でも、ちゃんとした本筋のもんができないとなあ~。ひよっこにもなれない私が言うことじゃないかと、反省)


そして、WEBという媒体では、それが頻繁に行われているという事実、
そしてWEBによって人をメディアにしてしまうという事実!!(早い話が口コミ現象)
を今日はいっぱい見ることができました。
(実際には、結果的にインタラクティブコミュニケーションをするためにはWEBが今のところ、便宜上、
結果的に一番使われているという話で、すべてのメディアは原則的に平等なのですが)


早く寝たい。が、この感動はきっちり残したい。というわけで、要点を書けば、


「中途半端な面白さや、中途半端なやられた感よりは、リアルの面白さ、リアルが持つ、やられた感」
を、作り出したいと思ってた私の気持ち。を代弁してくれるような授業でした。



(煮え切らず追記)

ってか、何で、あんなに、うずうずしときながら、質問にいかんかったんよ!私!!

あんな大御所さん、もう会えませんで!!くぅ~。
明日、講座担当の人に「大岩さんへの質問、届けてくださいメール」送ろう。

来週は、私が一番好きな広告クリエイター、山本高史さんがやってくる。

絶対席は一番前!!
初めての、講座懇親会にも山本高史さんがこられるそうなんで、絶対にお話するぞっ!!
明日からまた頑張るぞい☆
[PR]
by kyokos1219 | 2005-11-13 01:57